■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2018年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

プレ独立記念日
日本の祝日は振替休日を含めると今年は20日ありますが、アメリカは半分の10日しかありません。7月4日の独立記念日は一週間くらい前から各地で毎晩花火が打ちあがり、スーパーでは日本では見ない色のケーキが並びます。



  

祝日当日はワシントンDCの中心部、リンカーンメモリアルで盛大な花火が打ちあがる予定です。
楽しみです。

| http://www.sinceredoctor.com/index.php?e=366 | 日記 | 11:44 AM |
ドラキュラセラピー
ワシントンDCで開業している美容皮膚科の先生がドラキュラセラピーの講習会に行ってきたというのでどのようなものか聞いてきました。

| http://www.sinceredoctor.com/index.php?e=365 | 最新美容情報 | 11:32 AM |
はじめてのラオス料理 ~シェフのサクセスストーリー~
ワシントンDCでは本場の各国料理を楽しむことができます。時々無性に食べたくなるのがスパイシーな料理です。偶然見つけたラオス料理のお店、Thip Khaoを紹介します。



パパイヤサラダとレッドカレーを注文しました。
 

店員さんにアメリカンホット(マイルドな辛さ)にする?と聞かれましたが、あえて本場の辛さを注文しました。ハーブの効いた野菜たっぷりの疲れが吹っ飛ぶ辛さでした。

後日、このお店のシェフ、セン・ルアンラスさんのDCで人気レストランになるまでの記事がVOA(Voice of America)に載っていました。

https://learningenglish.voanews.com/a/immigrant-from-laos-finds-success-with-washington-restaurant/4424272.html

彼女は7歳の時から仕事で忙しい母親の代わりに家族に料理をしていました。1981年にベトナム戦争の影響でラオスを逃れ、タイの難民キャンプで数年過ごし、この間様々な料理を学び、その後アメリカに渡った後も料理の勉強をし、2014年にDCに初めてラオス料理レストランをオープンしました。間もなく、フードマガジンに新ベストレストラン50にノミネートされました。

彼女のサクセスストーリーを知り、あらためて彼女の料理を食べに行きたくなりました。


| http://www.sinceredoctor.com/index.php?e=364 | 女医の食べ歩き | 08:00 AM |
ワシントンDC現地レポート ~ホッケー熱~
現在スタンレーカップ・プレーオフが行われています。スタンレーカップとはアメリカ24、カナダ7の合計31チームが所属しているプロアイスホッケー界の最高峰です。ワシントンDCのチーム、キャピタルズとラスベガスのチーム、ゴールデンナイトが熱い優勝決定戦を繰り広げています。試合の日のワシントンDCはキャピタルズのユニホームカラーの赤に染まります。

 
本日はラスベガスで試合があり、スタジウムではライブビューイングが行われました。スタジウムだけでなく、スポーツバーから歓声が上がっていました。

 

 

| http://www.sinceredoctor.com/index.php?e=363 | ちょっと息抜き | 12:08 AM |
ワシントンDC現地レポート ~春の味覚、ランプ~


見た目は青ネギのようですが、味はニラに近いこの野菜はRamps, ランプと言って、はウェストバージニアからメイン州にかけて自生するネギ科の植物です。今年は5月初めくらいから、ワシントンDCのスーパーマーケットの店頭に並び始めました。並ぶとすぐに売り切れてしまう旬の野菜です。

| http://www.sinceredoctor.com/index.php?e=362 | 日記 | 02:46 PM |
PAGE TOP ↑